ブログ

2016.02.25

腓骨(ひこつ)のねじれはアタマを歪める

大阪 北区 中崎町の慢性痛専門整体院
院長の光藤です。

腓骨(ひこつ)っていう足の骨をご存知ですか?左右どちらかのスネの筋肉が張っていたり、片方の足首の動きが悪いなと感じる方は、左右の腓骨(ひこつ)のバランスが崩れ、頭の骨が歪んでいるかもしれません。

足首の底屈・背屈

足首は脛骨(けいこつ)、腓骨(ひこつ)、距骨(きょこつ)という骨で構成されていて、足首を下げたり上げたりする運動を足関節の底屈(ていくつ)、背屈(はいくつ)といいます。
(赤:腓骨 青:脛骨 黄:距骨)
足関節

黄↓の骨(きょこつ)の関節面は前後で幅に差があるので、足首を上げる際、赤↓の骨(ひこつ)は上下に移動します。(少しややこしい話ですが、足首を動かすと腓骨が上下に動くということです)足首の底屈・背屈で腓骨は上下するので、歩行時左右の足で負担のバランスが悪いと、静止時の腓骨頭(ひこつとう)の位置に影響します。

腓骨頭のねじれはアタマを歪める

腓骨頭は側頭骨(そくとうこつ)、顎関節(がくかんせつ)、肩関節、股関節などと相関関係があるので、腓骨頭の上下や左右の歪みは全身のねじれと関連します。

先日、お膝の悪い80代の女性の患者様が来院されました。右の腓骨頭が左に比べると少し内側に入り下に、右側の側頭骨は後方に移動し、下がっていました。左右の側頭骨のバランスが悪いので、見た目に左右の耳の位置が違っています。
(1枚目:腓骨頭の下移動 2枚目:側頭骨の下、後移動)

腓骨頭下

側下後

腓骨を整えて側頭骨のバランスを調整

側頭骨と同じ側の腓骨頭が下がっていたので、施術の最初に右の腓骨頭が上がる刺激をいれて、左右のバランスをとりました。1分ほどで側頭骨、肩甲骨の左右のバランスもよくなり、首や腰(頚椎、腰椎)の歪みも変化しました。

女性はお膝が悪く、歩行に杖を使うので、足の筋肉の付き方や、関節の硬さに左右でバラつきがあって、足首(足関節)の使い方も左右均等ではありません。腓骨頭の位置が体に大きく影響しているので、調整後は肩や首の動きがスムーズになり、歩行のリズムも良くなり、シュッとして帰られます。

腓骨頭(ひこつとう)は自分でも触れるので、左右の違いに気付いている方はたくさんいます。左右のどちらかが出っ張ってたり、高かったりしませんか?体の不調、腓骨に原因があるかもしれませんよ!

友だち追加
ラインのトークからご予約、お問合せをしていただけます❗️
ご予約の際、初めての方は初回コースとご記入いただき、お名前、携帯番号、ご希望の日時をご記入の上、送信してください。
※こちらからの返信をおまちください。ご希望の日時をお取りすることができない場合は、近い日時をご提案させていただきます。当日のご予約はなるべくお電話でお願いします。
※お問い合わせの返信はできるだけ素早く対応させていただきますが、少しお時間をいただくこともあります。ご容赦ください。

一覧へ戻る >

みつふじ整体院 患者様の声

予約優先制

TEL 06-6136-6216

ネットから予約する

営業時間

月火木金 10:00~20:00
(受付19:00)
土日祝 10:00~19:00
(受付17:00)
休 診 水曜日
※研修等で不定休あります

MENU&施術料金

  • 一般整体コース(初回)7,000円
  • 一般整体コース(2回目以降)5,500円

休診日

が休診日です。

アクセス

〒530-0016
大阪府大阪市北区中崎3-3-1
中村ビル202号室

地下鉄谷町線 中崎町駅
2号出入口から徒歩約2分

アクセス

みつふじ整体院 FACEBOOK