ブログ

2015.12.15

背中の痛み、キーは腓骨頭(ひこつとう)でした

大阪 北区 中崎町のボキボキしない身体にやさしい整体院
みつふじ整体院 院長の光藤です。

月に1度、メンテナンスで来られる40代の女性。朝起きたら首から背中にかけて痛いので、予約を少し早めて来院されました。
背中痛2

手を上げたり、物をもったりすると痛みがでやすく、首の動きでも少し痛みが出ます。肩の可動域が狭く、動きはとても不自然です。直接的な原因が肩関節や肩甲骨にあるように思えます。

肩甲骨と肩関節を詳しく調べると、肩甲骨の位置に問題がありました。通常より、外側に開いて前方にあるため、肩関節の動きや肩甲骨周りの筋肉、背骨が影響を受けています。
肩甲骨肩関節
(1枚目:肩甲骨の外側移動 2枚目:肩関節)
肋骨は内臓を包むような形状になっているので、その上で動いている肩甲骨は、外に開けば前に移動します。左右の肩を比べた時、片方だけ前にあるような人は肩関節だけでなく、肩甲骨に問題がある場合もありますよ。

アタマの側頭骨(そくとうこつ)、足の腓骨頭(ひこつとう)と肩甲骨、これらはお互いに関連があり、検査でも異常が分かったので、この辺りの関連を使い調整します。

内側にしまっている、腓骨頭(ひこうとう)を少し開くような軽い刺激をいれます。2回の刺激後、側頭骨の左右のバランスがとれ、肩甲骨の位置が中心に寄ってきました。(1回目の刺激はイマイチ・・・なので2回の刺激になりました)
腓骨移動側頭骨枠

(1枚目:腓骨頭 2枚目:側頭骨)
腓骨頭(ひこつとう)の調整で肩甲骨の位置はよくなりましたが、背中の張り感が残りました。そのため二の腕(上腕三頭筋)を緩めます。この刺激は背中の筋肉の張り感を取る効果があります。ただ刺激がやや強く、人によっては少し痛みを感じる方もいるので、気持ちいいぐらいの刺激になるよう注意します。

肩の調整では腕のねじれを整えることが必須なので、最後に腕を整え、肩まわりの調整を終えました。これで腕を上げてもらったのですが、少し痛みが残っていました。

どこかにねじれが残っている・・・。

首だろうな、と思ったので首(頚椎)を検査。

ありました!!首の6番目の骨(頚椎6番)に歪みが残っています。小指に刺激をいれて、再び検査。手の指はそれぞれ首(頚椎)と関連があって、頚椎6番だと小指に当たります。少し時間を置くと、まっすぐになったことを確認できました。腕を動かしても首を回しても、まったく痛みはなくなりました。

施術後、「日曜日、あいててよかったー、来て正解」という、うれしいご感想をいただきました(^^♪

背中が痛いといっても、いろんことが絡んでいるので、背中だけ見ても原因はわかりません。今回の施術のキーポイントは腓骨頭(ひこつとう)でした。

一覧へ戻る >

みつふじ整体院 患者様の声

予約優先制

TEL 06-6136-6216

ネットから予約する

営業時間

月火木金 10:00~20:00
(受付19:00)
土日祝 10:00~19:00
(受付17:00)
休 診 水曜日
※研修等で不定休あります

MENU&施術料金

  • 一般整体コース(初回)6,400円
  • 一般整体コース(2回目以降)4,900円

休診日

が休診日です。

アクセス

〒530-0016
大阪府大阪市北区中崎3-3-1
中村ビル202号室

地下鉄谷町線 中崎町駅
2号出入口から徒歩約2分

アクセス

みつふじ整体院 FACEBOOK