ブログ

2019.04.25

【症例】足の付け根(股関節)の痛み

大阪市北区中崎町の慢性痛専門整体院
院長の光藤です。

股関節の痛みの症例を紹介します。40代の女性で、今月の始めに来院されて週に1回のペースで、今回で3回目の施術を終えたところです。

91a1bb19551d3892176a2e07c13ab2b7_s

問診・検査

問診時に分かったこれまでの経過と現在の症状

10カ月前から右股関節に痛みがある
座っているときに痛みが一番強い
先天的な股関節の異常はない
整形外科や婦人科、内科などはすでに受診している
病院の検査を受けても原因がわからず困っている

整形外科で画像診断しても原因がわからない。婦人科や内科などの受診を進められ検査するけど、それでもやっぱり分からない。

当院の検査でわかった体の状態

太もも(大腿骨)のねじれ
あごの関節(顎関節)のねじれ
右肩関節、右前腕のねじれ
右足首のねじれ

股関節の痛みで、軟骨(なんこつ)の減りで改善しないことがあります。今回のケースは、レントゲンに写らない細かな歪みがあることや年齢から考えても、軟骨が原因で痛みが出ていないようでした。

痛みの原因は?

痛みと直接かかわりが深いのは、太もものねじれです。骨が歪んでいるんだったらレントゲンで分かるだろうって、思うかもしれませんが、細かな歪みは手で触れないと分かりません。

骨がぞうきんをしぼるように上下でねじれることがあります。今回のケースは付け根と真ん中よりやや上で逆方向にねじれていて、それが痛みの原因になっていました。
IMG_1052

肩関節と顎関節(がくかんせつ)の歪みは痛みの間接的な原因です。股関節(こかんせつ)、肩関節、顎関節(がくかんせつ)は互いに動きが関連して、よい方にも悪い方にも影響しあいます。

そして、もう1つ重要なのが右腕や右足首のねじれ。腕や足首のねじれは肩やあごの関節を歪めてしまいます。

腕や足首のねじれが肩関節や顎関節のねじれの原因になり、肩やあごの影響をうけて股関節がねじれて痛みが生じる。簡単にまとめるとこんな感じです。

施術

①肩やあごとの関連を確認しながら腕や足首のねじれを整える⇒②股関節のねじれの変化を確認しながら肩やあごを微調整する⇒③直接太ももに触れて股関節のねじれを微調整する。この流れで施術を進めます。

腕や足首のねじれを取り除くことで痛みがほとんど取れてしまうくらい、腕や足首は重要です。仮に太ももだけにアプローチして痛みが軽減したとしても、他(あごや肩関節)がそのままだったら、股関節の痛みはすぐに戻ってしまいます。

週1回のペースで来院されて、2回目以降、施術後の股関節の痛みはほぼゼロです。1週間の経過で痛みが少し戻るものの、最初と比較すれば痛みはかなり減っています。あと2、3回の施術で痛みの戻りはもっと少なくなるはずです。

レントゲンやMRIには写らない

人の手で触れることでしかわからない細かな歪みがあって、残念ながらそれはレントゲンやMRIには写りません。

痛み止めの薬を飲みながら、筋肉をつけるためにリハビリに通う。関節や骨がねじれていては、リハビリやトレーニングをしても、かえってねじれがひどくなり、痛みが増してしまう恐れがあります。治療にトレーニングやリハビリを取りいれるならば、体のねじれを整えながら進めていく必要があります。

レントゲンやMRIには写らない歪みがある 覚えておいてください!

一覧へ戻る >

みつふじ整体院 患者様の声

予約優先制

TEL 06-6136-6216

ネットから予約する

営業時間

月火木金 10:00~20:00
(受付19:00)
土日祝 10:00~19:00
(受付17:00)
休 診 水曜日
※研修等で不定休あります

MENU&施術料金

  • 一般整体コース(初回)7,000円
  • 一般整体コース(2回目以降)5,500円

休診日

が休診日です。

アクセス

〒530-0016
大阪府大阪市北区中崎3-3-1
中村ビル202号室

地下鉄谷町線 中崎町駅
2号出入口から徒歩約2分

アクセス

みつふじ整体院 FACEBOOK